下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


ホンダ・フィットが2019年にフルモデルチェンジされて発売されると言われています。

6年サイクルでフルモデルチェンジされていることを考えると2019年は、現行車3代目フィットが販売されて6年目となり、そろそろフルモデルチェンジが行われてもおかしくありません。

2019年中に新型フィットが発売されるかどうかは、公式発表が無いので分かりませんが、近い内にフルモデルチェンジされ4代目フィットが発売されるのは間違いないようです。

スポンサードリンク

新型フィットの開発は最終段階

新型フィットのプロトタイプ車のテスト走行の動画と言われるものです。

新型フィット発売に向けての最終段階に来ているようです。

また、時期的なものを考えるとエクステリアは、ほぼ完成していると思われます。

仮に変更されるにしても、些細な変更にとどまると思われます。

スポンサードリンク

現行車と新型フィットのエクステリアの比較

フロント部分の比較

フィット

新型フィット

フロント部分がかなり変わっています。

フロント部分の厚みが増しているような気がします。

その影響でグリルが大型化し、ヘッドライトが斜めに切れ上がっていたのが、水平になったようです。

ルーフレールが映っていますが、SUVの雰囲気を漂わせるようなデザインです。

市販車でもルーフレールが残されるのか注目したいです。

サイド部分の比較

フィット

新型フィット

現行車が流線形でスリムな印象を受けるのに対して、箱型の肉厚のある逞しさが感じられます。

ボディのエッジラインも現行車が後ろ上がりに対して、新型フィットは水平基調に変わっています。

それと窓の形も流線形から大きく変わっています。

リア部分の比較

フィット

新型フィット

テールランプの形状も大きく変わっています。

形状もシンプルになっているようです。

スポンサードリンク

まとめ

新型フィットのエクステリアの変化を見てみました。

現行車フィットとエクステリアを比べると大きく変わっていることが分かります。

今回のフルモデルチェンジは、今までと違いデザインは刷新されたものになりそうです。

 

お気に入りの新車を50万円安く買う方法

「この新車を購入したいけど、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、お気に入りの新車の購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサードリンク