下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


アルト・ピュアレッド

軽自動車の代名詞的存在のスズキ・アルトが発売されて今年が40年目に当たります。

現在のアルトは、2014年にフルモデルチェンジされた8代目アルトになります。

 

今までは、約5年毎にフルモデルチェンジされていること。

それに今年は10月に消費税率がアップされる予定で、エコカー減税の内容が変わり環境割が導入されることからその対策として燃費改善を目的としたフルモデルチェンジが行われるのではないかと言われています。

 

では、今度の新型スズキアルトは現在の8代目アルトとどこが変わるのか?

また、新型アルトの発売時期や価格についても予想してみたいと思います。

スポンサードリンク

新型アルトはどこが変わるのか?

では、新型アルトはどのように変わるのか?

外観(デザイン)・(内装)エクステリアなど見て行きたいと思います。

外観(デザイン)はどう変わるのか予想してみた

フルモデルチェンジをするとなると外観が同じということはありません。

価格的にも多分値上げされると思われますので、デザインも変えてくることは間違いありません。

デザインの変遷を見るために過去のアルトを見てみます。

 

6代目アルト(2004年 – 2009年)

6代目アルト

 

引用元:https://www.goo-net.com/

7代目アルト(2009年 – 2014年)

 

 

 

引用元:https://www.suzuki.co.jp/

8代目アルト(2014年 – )

8代目アルト(現行車)

今までの外観(デザイン)を見るとフロントグリル・ライトの形状・窓の形状が大きく変わっています。

新型アルトの外観は、よりスポーティな感じを出すために切れ長なヘッドランプ周りやCピラー(最後方の窓枠)を狭くし窓を広く確保した流線形にするなどの変更になると予想します。

外観的には、7代目アルトの外観に似てくるのでは?と思います。

内装はどのように変わるのか予想してみた

アルトインパネ

ダッシュボードは、ブラックを基調とした2トーンでまとめられると思いますが、外観色によりパネルの色が変わると楽しいですね。

 

また、メーターはソフトハイブリッド車が加わる可能性が高いと言われていますので今より多機能なマルチインフォメーションディスプレイに変わるでしょう。

デザイン的にはハスラーのような感じになるのではと期待しています。

 

ハスラーのダッシュボード

ハスラーインパネ

現行アルトのシート

アルトのシート

ヘッドレスト一体型のシートですがせめて前席だけは分離型にして欲しいと思います。

パワートレインなどはどう変わる

現行車アルトは「エネチャージ」が装備されています。(グレードX・S・L)

これは、減速時に発生するエネルギ―を蓄電し、エンジンが発電する負担を軽減することで燃費の向上を目指すシステムです。

エネチャージ概略図

 

これに対して新型アルトには、マイルドハイブリッドが装備されると言われています。

スズキでは「S-エネチャージ」と呼んでいるシステムですが、「エネチャージ」と違う点は発電機がモーターの役目も果たしてエンジンのアシストをすることで燃費をさらに向上できるシステムです。

 

一般的にはソフトハイブリッドと呼ばれ、モーター単独で走行できる訳ではありません。

あくまでもエンジンのアシスト(補助)をするだけなのでハイブリッドに対してソフトハイブリッドと言われるようになりました。

S-エネチャージの概略図

 

この「S-エネチャージ」の採用で燃費40km/Lを超えられるかが注目されるところです。

現在、「エネチャージ」を採用した現行車アルトはJC08モードで37km/hを出しているため、車体重量が650㎏より重たくなったとしても「S-エネチャージ」やエンジンを改良すれば十分達成可能な数値だと思います。

スポンサードリンク

新型アルトの価格はどうなるのか?

価格に付いては、現状維持というのは考えられません。

これは、原材料から部品の調達・人件費等が今の経済状況では下がることがないからです。

企業努力で全てカバーできるはずもありません。

 

ユーザー側からすれば出来るだけ価格を抑えてもらいたいのはもちろんですが、せめて選択の余地は多くあって欲しいと思います。

極端な話をすると燃費が2~3㎞/h良くなり、税制の優遇が大きくなっても価格が上がるくらいなら今までの価格が良いと思う人もいるからです。

というのも、燃費が良くなっても税金が安くなっても価格の上昇分以上にお得になるという事は一般的にないからです。

 

少し横道にそれましたが、新型アルトはどのくらい価格が上がるのでしょうか?

もちろんグレードによって、また装備によって違ってきます。

基本グレードのFから見て行きます。

このグレードには「S-エネチャージ」は装備されないと思います(逆に選択の幅を広げるためにも装備されてほしくありません)。

現行のアルトFグレード2WDの価格は、847,800円と非常に魅力的な価格です。

7代目アルトFグレードの価格は、808,500円(最下位グレードVP5MTが677,250円)。

6代目アルト最下位Eグレード3ATは、735,000円、同じくEグレード5MTは、682,500円。

 

価格の変遷を見てみると装備の違いはありますが、モデルチェンジはメーカーにとってもユーザーの非難を受けずに値上げが出来る絶好の機会であることには間違いないようです。

 

これから判断するとあくまでも私の予想ですが、最下位グレードで10万円のアップになると思います。

 

現行車最上位グレードX2WD・CVTが1,171,800円ですが、140万円程度になると予測します。

 

でも、この予想は外れてもらいたいですね。

スポンサードリンク

新型アルトの発売時期は何時なのか予想してみた

気になるのは新型アルトが何時発売されるかという事です。

もちろんスズキからは新型アルトについては、全くアナウンスされてはいません。

 

敢えて予想すると第46回東京モーターショー2019で市販車のお披露目をして2019年の12月中旬頃に販売されるのではないかと思います。

というのも7代目アルトが第41回東京モーターショウ2009でプレリリースされ2009年12月16日に発売された経緯があるからです。

 

現行車(8代目)アルトの購入を考えている人にとっては、新型アルトが発表されれば値引きが期待できる好機になると思います。

 

今回は、新型アルトのどこが変わるか、また価格や販売時期を独断と偏見で予測してみました。

正式な情報が公表されたら追記して行きたいと思います。

お気に入りの新車を50万円安く買う方法

「この新車を購入したいけど、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、お気に入りの新車の購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサードリンク