下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


2018年の夏に発売される新型クラウンの価格は、いくらぐらいになるのでしょうか?

今回は、気になる新型クラウンの価格に付いて予想して見ました。

予想に当たって元になる価格は、やはり現行車の価格ですが、現行車の最安は、2.5ロイヤルの3,812,400円です。

ここの価格に今回の新型クラウンに新しく搭載される、次世代型のトヨタセーフティセンスPと購入者の若返りを狙って「つながる機能」(T-Connect)を搭載することになります。

したがって、新型クラウンの最安のモデルの価格は、400万円~という価格になりそうです。

スポンサードリンク

現行車のトヨタセーフティセンスPとは

まず、現行車に装備されているトヨタセーフティセンスPを見てみます。

トヨタセーフティセンスPというのは、安全運転支援システムで発生割合の高い事故に対応する4つの安全機能をパッケージ化したものです。

仕組み

トヨタセーフティセンスの仕組み
ミリ波レーダーと単眼カメラを併用し、車や歩行者の認識を可能にして、自己の回避や衝突被害の軽減を支援する仕組みになっています。

4つの安全運転支援システムを見ていきます。

①プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)

プリクラッシュセーフティシステム
衝突の可能性がある場合:ブザーやディスプレイ表示でドライバーに警告します。

衝突の可能性が高い場合:ブレーキを踏む力を強力にアシストします。

衝突が避けられない場合:自動ブレーキが作動し、衝突の回避や被害の軽減を図ります。

歩行者に対しては、約10~80km/hの速度域で自動ブレーキが作動して、約30km/h減速が可能です。

また、先行車に対しては、約10km/h以上で自動ブレーキが作動し、約40km/hの減速が可能となっています。

②レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)

レーンディパーチャーアラート
常に単眼カメラにより道路の白線や黄線を認識していて、ドライバーがウインカーを挙げずに車線をまたごうとすると超えようとする可能性がある時は、ブザーとディスプレイ表示で警告し、更に電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにサポートします。

③オートマチックハイビーム

オートマチックハイビーム
単眼カメラで周囲の明るさや対向車のヘッドライトや先行者のテールランプを認識し、自動的にハイビームとロービームを切り替え、ドライバーをアシストします。

これにより、ドライバーの切り替えの忘れや煩わしさを軽減し、歩行者の早期発見を促し安全運転に寄与します。

④レーダークルーズコントロール

レーダークルーズコントロール

ミリ波レーダーで先行車との車間距離を検知し、車間距離に併せて速度を調整します(設定速度は約50~100km/h)。

また、先行者の車線変更をミリ波レーダーと単眼カメラで認識し、スムーズな加速を実現しています。

スポンサードリンク

次世代型のトヨタセーフティセンスPとは

上の動画にもあるように、プリクラッシュセーフティシステムが進化し、自動ブレーキが、
自転車に対応(昼間のみ)・夜間の歩行者にも対応しました。

レーントレーシングアシスト(車線逸脱防止支援システム)可追加されます。

その他にも、私も経験があるのですが、信号で止まっている時、前の車が発信したことに気付かずに、後方の車からクラクションを鳴らされあわてることがあります。

 

それを防止する機能として先行車発進アラーム(先行車発進告知機能)も搭載されます。

スポンサードリンク

「つながる機能」(T-Connect)とは

ナビを通信でつなぐことで、利用者に快適・安心・安全なサービスを提供し、スマートフォンと連携することによって、各種のサービスを受けることができます。

私や年配者が、ナビの機能さえ使い切れていないのが実情だと思いますので、完全に若者を対象とした機能のような気がします(笑)。

まとめ

新型クラウンの価格は、次世代型のトヨタセーフティセンスPや「つながる機能」(T-Connect)を搭載することで、当然ですがその分価格がアップすることは避けられず、400万以上の価格設定になります。

これは、現行車クラウンの購入者に年配者が多く、若返りを目指すトヨタとして、また時代の流れとしては自然のことのように思われます。

お気に入りの新車を50万円安く買う方法

「この新車を購入したいけど、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、お気に入りの新車の購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサードリンク