下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


TJクルーザーについては、まだ新しい情報が出て来ません。

まさか、販売中止になることはないと思いますが、

販売時期が遅れる可能性もあります。

私の販売時期の予想では、今年の10月ごろか?

と予想したのですが、2019年にずれ込むことも考えられます。

新しい情報が、出ればすぐにでも紹介したいと思っているのですが、、。

取りあえず、今までの「まとめ」の意味で、

TJクルーザーのデサインや仕様など改めて紹介してみます。

スポンサードリンク

デザイン

TJクルーザーのコンセプトは、

「VANの積載性能とSUVの力強いデザインを融合させた新ジャンルのクロスオーバータイプ」

ということから、デザインに付いてもそれにふさわしい外観を呈しています。

TJクルーザー外観
もちろんデザインの好き嫌いはあると思いますが、

直線を基調としたデザインは、SUVの力強さを感じさせてくれます。

サイズ的に大きな印象を受けるデザインですが、

大きさで言えば、ホンダ フリードとほぼ同じですから、

ミニバンでもコンパクトミニバン程度の大きさになります。

ホンダフリード

実際にTJクルーザーを見たら、

自分の思ったイメージよりも小さいことに驚かれると思います。

ターゲットは、活動的な都会の若者

TJクルーザーのターゲットは、活動的な都会の若者であり、

決してファミリー向けの車ではありません。

そのため、2列シートで乗車定員も4人です。

このTJクルーザーは、ニッチな市場を狙ったもので

安易にファミリー層に迎合することをしてはいけないと思います。

そうしないと、ミニバンを競合させることになります。

TJクルーザーのTは「Tool Box」(道具箱)のTであり、Jは「Joy」(楽しむ)のJです。

つまり、自分の生活を楽しむためのツールを積載することを目的とした車で

家族を乗せるのが目的ではありません。

スライドドアやフルフラットの床

TJクルーザーの側面
FJクルーザー
SUV車には珍しい大型スライドドアやフルフラットになる床も

第一の目的は、大型の荷物を積載するためです。

もちろん、お年寄りや子供が乗り降りし易い理由で、

ファミリー層が購入しても構いませんが、、、

スポンサードリンク

仕様

車体

本格的なクロカン車FJクルーザーがラダーフレームなのに対して、

FJクルーザー白
ラダーフレーム
TJクルーザーは、モノコック構造のトヨタの最新型TNGAフレームを採用しています。

TJクルーザー外観
TNGAフレーム
TNGAフレームとラダーフレームの違いは、

大まかに言ってTNGAフレームの方が、コストが安く上がること、

それなりの強度がある事です。

しかし、横転とか強い外力が加わった場合は、

TNGAフレームに歪みが発生し、走行が不可能になります。

一方、ラダーフレームの場合は、ボディーが少々歪んでも走行には影響はありません。

これは、TJクルーザーにそこまでの走破性を求めているわけではなく、

日常生活で使用することを目的にしているからです。

パワートレイン

パワートレインは、2リッターエンジン+ハイブリッドシステムの予定です。

リッター8キロも延びないFJクルーザーに比べるとかなり燃費が良いと思います。

以前私は、TJクルーザーの予想燃費をJC08モードで11.0㎞/?と予想しましたが、

13~14㎞/?程度に伸びる可能性もあります。(ただし、2WDの場合)

駆動方式

駆動方式には、2WDと4WDがラインナップの予定です。

もちろん、売れ筋は4WDだと思いますが、

ファミリー層で購入を検討している人にとっては、

2WDという選択肢も十分考えられます。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、TJクルーザーのデサインや仕様など

今までに書いてきたことをまとめてみました。

新しい情報が、出ましたらまた書いて行きたいと思います。

お気に入りの新車を50万円安く買う方法

「この新車を購入したいけど、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、お気に入りの新車の購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサードリンク