下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


2018年夏に北米ホンダから新型インサイトが発売されることになったのですが、その後日本でも発売されることは間違いありません。

 

残念ながら、発売時期の発表は現時点ではありませんので、ハッキリした時期は分かりません。

 

また、販売価格についても発表はされていないので正確にはわかりませんが、こちらの方はある程度予想できる根拠がありますので、それをもとに予想して見たいと思います。

スポンサードリンク

新型インサイトの価格を予想する根拠とは?

シビックセダン

1.新型インサイトは、シビックの上位モデルであること。

 

ホンダのニュースリリース2018年1月16日付によると、新型インサイトはホンダのセダンのラインアップにおいて、「CIVIC(シビック)」の上位モデルとして位置づけされるとしています。

 

また、ハイブリッドシステムは、革新的な2モーターシステムを採用するとしています。

新型プリウス

2.トヨタのプリウスをライバル視している。

 

2代目インサイトでもそうでしたが、プリウスをライバルとして意識して低コスト・低価格を実現していました。

 

今回は、低価格というわけにはいかないと思いますが、プリウスを意識した価格にすることは間違いないと思います。

 

この2つの根拠から、新型インサイトの価格をある程度予想することが可能だと思います。

 

スポンサードリンク

新型インサイドの予想価格はいくら?

 

まず、新型インサイトの下位モデルになるシビックの価格は265万円~450万円(タイプR・2.0lVTECターボ)

 

ライバル車であるプリウスの価格は243万円~339万円

 

これらからどう判断するかですが、ホンダとしては低価格競争は避けたいと思っているのではと思います。

 

2代目インサイトで189万円という低価格にトヨタ同じ価格のプリウスで対抗しました。この反省から低価格競争は、得策でなくトヨタに分があるからです。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

結論として、私の予想ですが280万円~350万円程だと思います。

 

プリウスの価格より高めに設定し無益な価格競争を避けると思いますが、ホンダが新型インサイトにどのような付加価値を付けユーザーにアピールするのか注目していきたいと思います。

 

お気に入りの新車を50万円安く買う方法

「この新車を購入したいけど、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、お気に入りの新車の購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサードリンク