下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


引用元:https://www.honda.co.jp/

新型インサイトが2018年12月に販売されました。

今度の新型インサイトは三代目になるのですが、2014年販売中止になってから約5年ぶりに復活しました。

 

2代目インサイトは、ハイブリッド競争の中でライバル車のトヨタプリウスに大きく差を付けられ、

販売不振で販売中止になったというイメージが個人的には強いのですが・・・。

 

今回の三代目インサイトのスペックや価格はどうなんでしょうか?

メーカー側では、ライバル車を意識してないのかもしれませんが、

私たちユーザーの視点から見るとやはりハイブリッド車ということでトヨタプリウスと比較する機会も多いと思います。

 

ここでは、新型インサイトのスペックや価格・それに対しての口コミ、またエコカー減税について紹介します。

スポンサードリンク

新型インサイトのスペック紹介

新型インサイトですが、特徴としてセダンタイプでグレード的にはアコードの下で、

シビックの上位モデルという位置付けになります。

インサイトのスペック

インサイトの主要スペックを表にまとめてみました。

駆動方式 FF
型式 6AA-ZE4
トランスミッション 電気式無段変速機
寸法(全長・4全幅・全高) 4,675㎜-1,820㎜-1,410㎜
室内寸法 1,925㎜-1,535㎜-1,160㎜
重量 1,390㎏・1,370㎏
乗車定員 5名
排気量 1,496㏄
エンジン DOHC/水冷直列4気筒横置
モーター H4/交流同期電動機
エンジン最高出力 80/6,000㎾/rpm 109/6,000PS/rpm
エンジン最大トルク 134/5000N・m/rpm 13.7kgf・m/rpm
モーター最高出力 96/4,000-8,000㎾/rpm 131/4,000-8,000PS/rpm
モーター最大トルク 267/0-3,000N・m/rpm 27.2/0-3,000kgf・m/rpm
燃費(JC08モード) 34.2km/L

 

スポンサードリンク

新型インサイトの価格は?

インサイドのグレード展開は非常にシンプルで下位グレードからLX・EX・EX BLACK STYLEの3つです。

非常に分かり易く、その点では個人的に好感を持てます。

 

LXの価格:3,261,600円(税込み)

快適性能・安全性も充実したスタンダードモデル

 

EXの価格:3,499,200円(税込み)

多彩な装備でスタイルも快適性も磨いた上級モデル。

 

EX BLACK STYLEの価格:3,628,800円(税込み)

重厚なブラックで統一した最上級モデル。

 

ホンダのミドルシップにあたるセダンタイプのインサイドだけあって価格も結構しますね。

300万円以下があることを願っていたのですがなかなか手の届かない価格ではないかと思います。

スポンサードリンク

新型インサイトの口コミは?

良い口コミ

1.予防安全性能評価結果が高くて大変満足している。

2.安全装備もスタイルも気に入っている。

3.高速道路を100km/hで走って燃費が26.8km/Lと言い結果に満足している。

 

購入者のコメントを見るといい内容が多いです。

これも気に入つたから購入したわけであり当然かもしれませんね。

悪い口コミ

1.過剰過ぎる安全基準と安全装備、燃費至上主義で走らないエンジンが嫌い。

2.価格が高過ぎて庶民には手が届かない。

3.デザイン・エクステリアでトヨタ車が上、コストパフォーマンスが悪い。

4.エンジン加速が重たく感じる。

 

悪い口コミは、当然購入者からの書き込みは少ないです。

これも当然のことでしょう。

気に入らないから購入しないのですから。

口コミにあまり重点を置き過ぎるのもどうかと思いますので、

このくらいにしておきます。

新型インサイトのエコカー減税の適応状況は?

新型インサイトのエコカー減税の適応には3つのグレードとも違いはありません。

インサイト燃費基準

エコカー減税の対象となる取得税・重量税は全額免除

平成32年度燃費+50%達成車のため(+30%以上で免除になります。)

EXの場合

基本税額 減税割合 税額
取得税 87,400円 100% 0
重量税 22,500円 100% 0

 

自動車税は75%の減税になります。

34,500円×(1-0.75)=8,625円になりますが、実際の納税額は、

500円単位で切り上げるため9,000円になります。

 

気を付けることは、来年度の金額であることです。

 

いずれにしても新型インサイトは、平成32年度燃費基準と低排出ガス基準とも

最高ランクであるためにその恩恵を十分に受けられることはユーザーにとっては嬉しいことだと思います。

お気に入りの新車を50万円安く買う方法

「この新車を購入したいけど、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、お気に入りの新車の購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサードリンク