下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


ユーザーが望む車の安全装置のうちで特に関心が高いのが自動ブレーキだと言われています。

とくに対人自動ブレーキは、人の生死にかかわるものですから当然のことながら関心は高くなります。

また、横滑り防止機能は路面の凍結や積雪の時に特に威力を発揮し車体を安定させるものです。

 

では、この自動ブレーキや横滑り防止機能の安全装備はスズキ・ハスラーに採用されているのでしょうか?

調べてみました。

スポンサードリンク

スズキ・ハスラーに自動ブレーキは採用されているのか?

自動ブレーキはメーカによって名称が異なることもあります。

スズキでは、デュアルカメラブレーキサポートと呼ばれています。

デュアルカメラブレーキサポートの概要

デュアルカメラ

引用元:https://www.suzuki.co.jp/

車の前方に2台のカメラを装着し、車や歩行者を認識します。

また、カメラを2台装備することで歩行者・車との距離や形をとらえることで

人か車かの判断ができるようです。

 

デュアルカメラブレーキサポートの概要

引用元:https://www.suzuki.co.jp/

2台のカメラで人や車を検知し、衝突の恐れがある場合最初に警報で知らせます。

1.最初は警報と点滅ランプで危険を知らせます。

2.警報やランプの点滅にドライバーが反応しない時、

警報とともに弱いブレーキでアシストします。

3.ドライバーがブレーキを踏むとブレーキをアシストします。

4.衝突する可能性が高まると衝突軽減・衝突回避のため強力な自動ブレーキが発動します。

 

ドライバーは、後部座席に乗っている人に対してもシートベルトを着用しているか確認しておくことが必要です。

また、自動ブレーキ発動後は、ブレーキを維持する機能はないためにクリープ現象で車が動きますので、

必ずブレーキペダルを踏むことを忘れないで下さい。

 

自動ブレーキ発動で衝突が100%回避できる保障ははありません。

自動ブレーキを過信することなく安全運転を心掛けたいですね。

ハスラーにはグレードによっては採用されていない

ハスラーにはデュアルカメラブレーキサポート(自動ブレーキ)が採用されています。

しかし、Aグレードには残念なことに採用されていません。

 

しかし、今年の2月に国連の欧州経済委員会(ECE)で、

自動ブレーキを義務付けるづける規制案が採決されています。

この規制案に日本を含む40か国が合意しています。

 

したがって、将来的にはスズキ・ハスラーのAグレードに限らず、

全ての車種において自動ブレーキが採用されるようになるのではないかと思います。

 

早く、全車種自動ブレーキが標準装備になるといいですね。

スポンサードリンク

スズキ・ハスラーの横滑り防止機能の安全性は?

横滑り防止機能はスズキでは、ESP(Electronic Stability Program)と呼ばれています。

これは、さまざまなセンサーで走りを監視しカーブなどでタイヤのスリップや横滑り、

急ブレーキによるタイヤのロックを抑え車体を安定させます。

 

一旦スリップしたり横滑りを起こしてしまったらESPの効果は期待できないようです。

あくまでも安全運転の補助装置であることを認識し、

雪道の運転や凍結した道路の運転はタイヤチェーンの装着やスタッドタイヤで走るなどの注意が必要です。

ハスラーには横滑り防止機能は装備されているのか?

スズキ・ハスラーにはESP(車両走行安定補助システム)が全グレードに装備されています。

安全運転補助装置とはいえ全車種についているということは、

嬉しいことに違いありません。

スポンサードリンク

スズキ・ハスラーの自動ブレーキの安全性は?

ユーザーの関心度が強い自動ブレーキですが、

スズキハスラーの自動ブレーキ(デュアルカメラブレーキサポート)は、

他のメーカーの軽自動車と比べて安全性能はどうなのでしょうか?

いくつか比べてみたいと思います。

ダイハツ

同じ金額帯のキャストの自動ブレーキを見てみます。

ダイハツの場合「スマートアシストⅢ」という呼び名です。

 

システムも2台のシステムカメラを搭載しシステム的にはスズキ・ハスラーと同等だと思います。

自動ブレーキの作動条件がハスラーの場合自動速度が約5㎞/h~約100㎞/h未満で走行中。

キャストの場合速度差が約30㎞/h~約80㎞/h(対歩行者の場合約30㎞/h~約50㎞/h)となっています。

 

表現の仕方が違いますがこれを見る限りハスラーの方が自動ブレーキの動作範囲が広い気がします。

三菱

三菱では、eKワゴンを見てみます。

三菱の場合FCMと言うようです。

 

システムは、シングルカメラにより車両や歩行者を検知します。

自動ブレーキの作動条件は、車両に対しては自動速が約10km/h~80km/h、

歩行者に対しては自車速が約10km/h~60km/hのとき作動するようです。

 

ハスラーと比べるとやっぱりハスラーの方が優秀ですね!

それにカメラが1台よりは2台ある方が安心感があります。

まとめ

今回は、スズキ・ハスラーの安全性を自動ブレーキを中心に見て来ました。

 

スズキ・ハスラーの自動ブレーキは他のメーカーの軽自動車のシステムと比べて、

引けを取らないばかりか寧ろ優れている印象を受けました。

 

ですから、スズキ・ハスラーの安全性は高いと思います。

ただ、スズキ・ハスラーの優れた自動ブレーキのシステムが、

Aグレードには採用されていないことは残念に思います。

 

しかし時代の流れとして、自動ブレーキシステムの要求が強まり、

標準で全てのグレードに標準装備される日もそう遠くないことだと思います。

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

お気に入りの新車を50万円安く買う方法

「この新車を購入したいけど、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、お気に入りの新車の購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサードリンク