下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


税金イメージ

エコカー減税というのは、環境にやさしい車に対して、自動車税・自動車重量税・自動車取得税が軽減される優遇税制の事です。

まず、それぞれの税を説明するしておきます。

自動車税

毎年4月1日の時点での所有者に対して課税されます。

用途や排気量によって金額が異なりますが、自家用軽自動車の場合一律10,800円になります。

 

自動車重量税

車の重量によって変わりますが、支払時期は購入時と次回車検時になります。

 

エコカー減税の適用が無い場合は、購入時は3年分の7,500円、次回車検時は2年分5,500円支払うことになります。

毎年の支払うものでないためにあまり意識していない人も多いと思います。

 

自動車取得税

取得時にかかる税金で軽自動車の場合2%の税金が掛かります。

計算方法については、細かくなりますのでここでは省略します。

スポンサードリンク

スズキ・ハスラーはエコカー減税でいくら安くなる?

もちろん、スズキ・ハスラーも環境にやさしい車としてエコカー減税の恩恵を受けることが出来る車種になります。

ここでは、分かりやすいように税金の種類ごとに項目を追って説明します。

スズキ・ハスラーの軽自動車税

軽自動車税は4月1日の所有者に毎年掛かり、優遇を受けない本税額は10,800円です。

ハスラーのグレードによって優遇される金額が変わってきます。

 

ハスラーG2WDで説明すると「平成32年度燃費基準+30達成車」であり、またグリーン税制により軽自動車税は50%減税されて5,400円になります。

ちなみにAグレードの減税額はありません。

Aグレード以外の2WD車(タフワイルド2WD・ワンダラー2WDを含む)は5,400円になります。

それ以外のターボ車・4WD車は減税額25%で2,700円の減額で税額は8,100円になります。

 

軽自動車税は購入した翌年分が減税され、その1回切りでその後の減額はありません。

スズキ・ハスラーの重量税の減税額は?

スズキ・ハスラーの重量税の減税額は分かりやすいように表で示してみました。

ただし、購入されるときは変更の可能性もありますので購入するディラーでご確認ください。

グレード 駆動方式 トランスミッション 自動車重量税減税額
A 2WD・4WD 5MT・CVT 1,900円
G 2WD・4WD 5MT 1,900円
2WD・4WD CVT 5,700円
J 2WD・4WD CVT 5,700円
Gターボ・Jターボ 2WD・4WD CVT 3,800円
タフワイルド・ワンダラー 2WD・4WD CVT 5,700円

 

 

スズキ・ハスラーの取得税額はいくら?

これは価格と「平成32年度燃費基準」によって違ってきますので、

ハスラーG・2WD・CVTを購入するということで取得税額を計算してみます。

 

計算式は

ハスラーG・2WD・CVTの価格(1,000円以下切り捨て)×0.9×取得税額2%=取得税額となります。

実際に計算すると

1,225,000円(税抜き)×0.9×0.02≒22000になります。

この金額からエコカー減税額を引くことになります。

 

ハスラーG・2WD・CVTは、「平成32年度燃費基準+30達成車」のため80%が減税になります。

したがって、最終的な取得税額額は、

22,000円×(1-0.8)=4,400円

ただし、カーナビ等のオプションを付けた場合はその金額も取得金額に加えることになるので、

取得税額も増えることになります。

エコカー減税のまとめ

エコカー減税の適用を受ければお得であることには違いありません。

しかし、減税額が安くなるからハスラーGターボ・4WDが欲しいのにもかかわらず、

ハスラーG・2WDを購入するということは、本末転倒のような気がします。

 

税金の制度は、頻繁に変わりますので、あくまでも自分のライフスタイルに合わせて購入しないと

後で後悔することになると思います。

 

基本的に税金は高くなる一方ですから、それに振り回されない生活を送りたいものですね!

スポンサードリンク

エコカー減税がなくなる?

2019年10月から消費税が8%から10%に上がるという税制の大きな節目を迎えることになります。

このことは、エコカー減税にも大きな変化をもたらすことになります。

これに伴いエコカー減税の対象であった自動車取得税がなくなり、

その代わりに導入されるのが「環境性能割」が導入される予定です。

 

「環境性能割」については、今までのエコカー減税の要件より厳しくなることは間違いありません。

現在のエコカー減税の基準は新車の場合、ほとんどが条件を満たすように技術革新が進んでいます。

そのため、国が思っているほど税収が増えていない現実があります。

したがって、国は税収の確保のため新しく厳しい条件を提示することは間違いありません。

 

また、現在のエコカー減税は来年度どう変化するのか、

無くならないまでも形を変えて厳しくなることは予想できます。

 

そういった意味では、現在のエコカー減税の適用がある3月末日までに新車を買い替えるということも視野に置くべきだと思います。

お気に入りの新車を50万円安く買う方法

「この新車を購入したいけど、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、お気に入りの新車の購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサードリンク